求人を効率よく探す方法とは?

転職活動を行う上で、大切にしなければならないのが「時間・スピード」です。自分にあった求人にいち早くたどり着くことで、在職期間に空白ができる、他の人に内定が出て、自身の選考が途中で終了してしまう事態を防ぐことができます。

タイプ別求人の探し方

ここでは、タイプ別に求人情報を効率よく探す方法をお伝えします。

条件は定まっているが、業種などは絞らずに広く求人を探したい場合

この場合は「転職情報サイトへの登録」が最も効率的です。自身が希望する条件にあった求人をweb上で検索することができ、web履歴書を登録しておけば一括でエントリーすることができます。短い時間で多くの企業と接点を持ちたい、可能性を探りたいという場合にはおすすめです。
求人を出す企業側としても、まずは掲載料の安い転職情報サイトを利用して募集を行いたいという意向がありますので、このサービスを利用することが多いです。ただし企業も全ての転職情報サイトに掲載できるわけではありませんので、求人を探す際には複数サイトへ登録することをおすすめします。

製造・事務などの職種を狙っている場合

ずばり、ハローワークが狙い目です。製造・事務は経験されている方が多く、かつ特殊なスキルを必要としないため、企業としてはなるべく採用コストはかけたくない、というのが本音です。ハローワークに求人票を出すのは無料であるため、真っ先に利用する媒体といえるでしょう。
インターネットでも求人を検索することができるものの、最終的にはハローワークに足を運ぶ必要があるのがやや難点です。しかし現地では職員の方が無料で相談に乗ってくれたり、求人を出している企業にその場で電話して、現在の応募状況や求人内容の不明点について、求人企業に電話をかけて代わりに問い合わせをしたりしてくれます。合格の可能性が低い求人、細かい条件が合わない求人を避けることができるので、web履歴書が使用できなくとも、ある程度効率よく応募をすることができます。

就きたい業種・職種が明確な場合、ニッチな職種の場合

もちろん(1)と同様に転職情報サイトを使用するのも有効ですが、「専門の転職エージェントサービスの利用」と「企業のwebサイトの採用情報のチェック」をおすすめします。転職エージェントサービスは高額な紹介料がかかるため、専門性や求めるスペックが高く、一般に公開しても効果が薄い求人について利用することが多いです。またニッチな業界での転職をお考えの場合には、該当企業の採用情報をチェックし、掲載がなくてもメールで問い合わせてみることで、活路が開ける可能性も多いにあります。

インターネットが普及する前の求人検索方法とは

インターネットが普及する前は、求職活動も担当者と直接会話をしたり、電話で問い合わせをしたもので、得られる情報量にも限りがありました。主な方法は下記の通りです。

  • 新聞に掲載されている求人情報や、折込広告(チラシ)を見て担当者に電話をかける
  • 店頭で求人募集のチラシを見かけて、店長に問い合わせる
  • 親族や知り合いに紹介してもらう

その後1990年代から「求人情報誌」という媒体が登場します。当初は1冊100円など有料のものが主流でしたが、インターネットの広がりとともに、転職情報サイト上で多くの求人が検索できるようになると、求人情報誌もフリーペーパー(無料)の形式をとるようになりました。学生時代にアルバイトを探すのに利用した、という方も多いのではないでしょうか。

現在でも、地元密着の企業や飲食店で働きたい!という方には、実際に現地に足を運んでみる、求人情報誌を見るという方法は有効であると思います。現在主流のwebサービスを利用しての転職活動では主なやりとりをメールで行うことになりますが、実際に訪問したり、電話でやりとりをすることでその勤務先の雰囲気などを感じ取ることもできます。

また知人の紹介は、職種によっては現在でも有効に活用できる方法です。ものづくりや建築、ITに関わる技術系の職種は、各企業が特に採用を強化しており、もし入りたい企業に知人が在籍している場合には、ぜひ一度求人の情報を尋ねてみることをおすすめします。

一方折り込みチラシの求人広告は、ターゲットとしているのが主婦層であり、パートやアルバイト、短期でのお仕事が主要な求人です。長期にわたって生活を支える仕事を探すためには、折り込みチラシをチェックしてもあまり成果は上がらず、効率的ではありません。

ぜひインターネット上の情報とローカルな情報、上手く使い分けながらより効率の良い転職活動を目指しましょう。