医療事務の1日の仕事内容の紹介

電話を持つ事務職の女性

医療機関において、主に医療費等の計算に携わる業種として医療事務があります。特徴の1つに専門性の高さがあり、業務においては患者と接する機会も多いことから対人スキルが求められます。一方、同じ事務職としてはやりがいのある仕事と言えます。

医療事務の仕事には、主なものとして、診療費の請求、レセプト作成、受付の3つがあります。因みにレセプトは診療報酬明細書を指し、一般企業で言えば売上請求の要となります。具体的内容としては、例えば、診療費の請求では、患者からカルテを受取り、医師の行った診察や治療・薬の処方箋などをパソコンに入力することがあり、同時に患者負担額の算出と医療費請求書作成・会計を行います。

医療事務は病院の顔としての役割を持ちます。まず、患者が最初に接する窓口が受付であり、ここでの対応は病院に対する印象として重要な要素の1つとなります。一方、大規模病院においては医療事務をバックオフィス業務として捉えていることも多く、ここでは、他医療機関等との窓口としての機能もあります。例えば、担当部署によっては医師の出張、学会への出席などを調整する業務もあり、医療業界における病院の顔ともなります。

医療事務における1日の仕事は、医療機関の規模に関らず準備から行うことになり、一般企業の業務と異なることはありません。小規模な医療機関などでは清掃から入ることも珍しくなく、実際の業務に関しては、最初に朝礼が行われます。開院後には、受付、カルテ記載、診療報酬の作成、会計等といった業務を行うことになり、医療機関の規模によっては、簡単な問診など、医師や看護師のサポートをする場合もあります。

医療事務の仕事は、どの医療機関においても同じ内容になるものの、大規模施設の場合には部署分けされていることがほとんどとなります。就業を希望する場合には十分に内容を確認した上で応募する必要があり、例えば、診療所など小規模であれば、受付から請求書作成など、全ての業務をこなすことが求められることも多く、患者数が多い場合や保険請求の時期ともなれば1日が非常に忙しくなります。

医療事務はレセプトのプロとしての役割がある

医療事務は、小規模の施設であれば受付から会計など、すべての業務をこなすことになります。一方、総合病院など大規模医療施設では部署分けされていることが多く、この場合、担当した業務のみを行うことになります。

医療機関の運営において重要な役割を果たすものにレセプトがあります。レセプト作成は医療事務の中でも最も専門性の高い業務になり、ここでの内容が運営に大きく影響することになります。医療機関における治療費は、検査等も含めて点数で換算される仕組みが用いられており、1点が10円になります。レセプト作成は点数を金額に置き換えて請求をすることになり、政府、市町村、組合といった保険者に対して行われます。

レセプト業務では、内容に間違いがないかの確認や、保険者ごとの整理、請求書の作成といった内容を行います。具体的には、レセプトの提出は診察をした翌月10日までに提出をすることになり、実際の料金は患者を診察した翌々月末に医療機関に対して支払が行われます。ここで、遅れたり、間違えてしまうと運営に大きく影響を及ぼすことになり、医療機関にとっては最も重要な業務になります。

レセプト業務は、パソコンが導入される前は手計算で行われており、事務方が遅くまで残ることも珍しくありませんでした。現在はパソコンで簡単に計算をすることができ、入力間違いなどもほとんど見られなくなっています。ただし、注意点があり、内容としてはレセプトの改定があります。

レセプトの改定は定期的に行われます。内容としては、診療報酬に関しては2年に1回、介護報酬に関しては3年に1回、他に、6年に1回、同時に改定が行われます。直近では2015年(平成27年)4月に介護報酬、翌2016年には診療報酬の改定が行われており、業務においては重要なポイントとして把握をしておく必要があります。