医療事務の資格取得方法について

医療事務という仕事はコンビニやスーパーなどで働く場合とは少し趣が違うイメージがあります。その理由はコンビニやスーパーでの仕事よりも専門的な仕事内容のように思えるからです。では、具体的に医療事務の仕事とはどのようなものかと言いますと、医療費の計算や患者様に対する対応です。ですので、お客様と接するという面ではコンビニのお仕事と似ている部分もありますが、医療費の計算などはもう少し高度な仕事内容ということになります。

ですので資格取得を目指す人が多いのですが、医療事務の仕事を一度経験しておきますと、それは大きな財産になります。これはなにを意味するかと言いますと、例えば結婚や出産などで仕事から離れることがあっても「復帰しやすい」ということです。つまりブランクがあってもすぐに仕事を見つけやすいということになります。

医療事務にはいろいろな種類がありますが、就職に有利な資格と言われているのが「医療事務検定試験」です。この資格は病院で働くことを目指している方に適している資格です。医療保険制度や患者様対応、医療費計算、請求事務といった医療事務全般の基礎知識と技術を身につけていることを示す資格です。

ほかの業界から転職してくる方は専門的な事務に不安を感じるものですが、この資格を取得していますと自分自身に対して自信を持つことができますし、採用する側に対してアピールすることもできます。例え医療界の経験がない場合でもこの資格を取得していることは大きな強みになります。

そのほかには「医事コンピュータ能力技能試験」という資格もこれらの時代に求められる資格です。医療費の削減は国をあげての目標ですが、それに伴い電子カルテが広がっていくことが予想されます。その意味において認められる資格です。

医療機関におけるお会計は保険の知識が必要になりますが、その際に重要なことはレセプト業務です。その知識を身につけることができるのが「レセプト点検業務検定試験」という資格です。医療機関にとってレセプト業務は必ず必要なことですので大きな財産になります。

PCで勉強する女性

専門学校・通信講座・独学、どの勉強法が1番多い?

医療事務の試験に合格する前に不安になるのが受験資格のことです。しかし、ほとんどの試験は受験に際して必要となる条件はありませんので誰でも受験することができます。次に不安になるのはどのようにして勉強をするかです。勉強の方法としては専門学校に通う方法と通信講座を利用する方法、そして独学という方法があります。これらのメリット・デメリットをしっかりと考えたうえで自分に適している方法を選ぶことが大切です。

これらのうち最も費用が少ないのがもちろん独学です。独学のメリットは費用が少ないことですが、デメリットがあります。医療事務にはいろいろな種類がありますが、その中には難関と言われているものに「診療報酬請求事務能力認定試験」というものがあります。この試験は合格率が30%と難しい試験ですが、このような難しい試験に臨むには独学では限界があるかもしれません。もちろん、独学で合格する人もいますが、確実性を目指すなら通信講座や専門学校を利用することを考えるのが賢明です。

医療事務資格の試験は学科と実技の両方が行われることが多くなっていますが、正解率は70%を求められているようです。その数字をクリアするには独学よりは通信講座もしくは専門学校などで系統だった勉強をすることが必要です。通信講座と専門学校を比べますと専門学校には制約が生じます。働いている人には普通に考えて無理ですし、家庭の主婦でも現実的ではありません。それに比べますと、信講座の場合は自分の都合に合わせて勉強することができるのが大きな魅力です。

通信講座とはいえ、一人で勉強しているのに比べますとモチベーションの上がり方が違います。添削指導などがありますと気持ちの切り替えや充実感を保つことができます。