医療事務の年収は高い?低い?

女性に人気がある仕事の1つが、医療事務です。資格を手軽に取得することができるため、資格を取得して医療事務として働きたいと考えている方も多くいます。実際に働くときに気になるのが、どのくらいの年収が期待できるのかという点です。

医療事務の平均年収は、約300万円ほどです。この300万という数字は、あくまで全体の平均の話です。実際にもらえる給料には、地域差が存在しています。平均が250万~350万という地域もあれば、180万円~250万円程度というちいきも見られます。

では平均年収が約300万円だとしたら、月給はどのくらいになるのでしょうか。月給の平均は、勤め先によっても異なります。医療事務の主な勤務先は病院ですが、病院は病院でも街の大きな総合病院なのか、それとも開業医がいる小さなクリニックなのかという点にもよっても条件は異なります。大きな総合病院の場合、月給は17万円~20万ほどです。一方で開業医のいるクリニックだと、月々の収入が16万円ほどになります。

年収300万円程度と聞くと、少ないと感じる方も多くいるかもしれません。ここで忘れてはいけないのが、この数字はあくまで平均の数字であるという点です。平均で月々16万円受け取れるとしても、初任給で考えるとさらに少ない収入になります。平均というのは、初任給の方から、役職がある方の給料まですべての平均なのです。

ほかにも医療事務において収入の違いが出る理由の1つに、雇用形態があげられます。同じように病院で医療事務として働く方でも、正社員として働いている方もいれば、非正規雇用の方もいます。当然のことながら非正規雇用の方よりも、正社員の方のほうが安定した収入が受け取れます。非正規雇用の場合には、時給で給料が決まるケースがほとんどです。総合病院での時給は1100~1300円、開業医のクリニックの場合は1050円~というように、時給が高い仕事というわけでもありません。

給料

医療事務の年収が増えない理由

医療事務の年収について考えるときには、年齢別の違いを考えてみることも大切です。例えば20代の方の平均年収を考えてみると、働き始めで少なめの初任給をもらっている方が多いという影響もあるため、平均で180万円前後です。一方で医療事務の中で平均年収が高い年代というのが50代です。総合病院などでの勤務の方であれば、年齢を重ねると役職について給料がアップすることもあります。その影響があるので、50代の方の平均年収は380万円前後です。

医療事務として働くとき、正社員雇用であれば、ある程度給料は安定しています。安定しているとしても、医療事務全体の平均年収が高いわけではないため、なぜ年収が少ないのかと疑問を持つ方もいるでしょう。日本全体の平均年収を見ると、およそ420万円です。医療事務の平均年収というのは、日本人全体と比較してみても少ないのです。

医療事務は、医療に関わる仕事とは言っても、基本的には一般的な事務の仕事です。一般職でも事務の仕事は収入が多くないことと同じように、医療事務の仕事も収入自体は決して高くないのです。また医療事務の年収が上がらない理由の1つに、低い給料でも人材が集まるという点があげられます。

医療事務は女性から人気を集める職業の1つのため、給料が低いとしても、医療事務の仕事がしたい方も多くいます。必要な人材が集まらないと給料を高くする職業もありますが、人手が足りている状況だと、わざわざ給料を高くしてまで人材を募集する必要はないのです。医療事務の仕事をしたくても、仕事が見つからないという方も多くいることから、今後も医療事務の年収が増える可能性は低いのです。全体的な平均より年収が低いことを踏まえたうえで、医療事務の仕事をするか決めましょう。